NTTの回線を借りている光コラボがある

NTT東日本・西日本が提供している光回線の提供を受けて、通信速度や品質はどのままに、それぞれの事業者が独自のキャンペーンなどを提供しているインターネットのことを「光コラボレーション」と言います。

これまで、光回線はNTTが提供していました。
2015年から開始された光コラボレーションでは、光回線を直接利用者に提供するのではなく、他の事業者に光回線を卸売りして利用者に提供するというものです。

一例としては、インターネットプロバイダのOCNが販売する「OCN光」、携帯電話会社が提供する「ドコモ光」や「ソフトバンク光」などがあります。
これらは回線を借りている状態であり、使っている回線は全く同じですので、これまで使用していた光回線の設備をそのまま使いまわすことが出来ます。

光コラボレーションをしている業者と新規契約をする場合、別途工事が必要となったり、機器を交換するという必要はありませんので、申し込み後1週間程度で切り替えることが出来ます。
また、新規業者と契約をしたからと言って、解約違約金が発生するという事はありません。
ただし、業者によっては手数料が必要となることもあります。

光回線を借りている提供業者と契約をするメリットとしては、独自のサービスを展開しているため利用状況によっては、費用を安く抑えることが出来るということが挙げられます。
特に、携帯電話と光回線のセットで契約をすることで、安く使うことが出来るというサービスが増えてきており、注目を集めています。

これまでNTTの提供する光回線と契約をし、使用していたという人の中には、オプション契約をしているという人もいることでしょう。
そのような場合、転用した場合でも、主要オプションについては、そのままの内容で契約を継続することが出来ます。

その為、環境に変化が見られるということはない事がほとんどです。
また、費用についても大きな違いは無いようです。
ただし、支払う費用は同一でも、請求元が複数になる可能性があります。
転用をすることで、サービスを受けることが出来ないオプションもありますので、どのような契約内容となっているのかを確認しましょう。
既に別の光回線業者と契約している場合は、その契約を解約する必要があります。
関西地方に住んでいる方の中には、既にeo光と契約している方も多く存在します。
上記の光コラボレーションと新たに契約したい場合には、eo光を解約するためにすべきことを調べておきましょう。
光回線業者によって、申込方法や手続きに要する時間は異なりますし、サポート体制にも違いがありますので、契約をしてから後悔をしないように、自分に合った業者を見つけるということが重要なポイントとなってくるでしょう。