フレッツ光が国内最大の光回線サービス

インターネットをブロードバンドで利用する際には、以前はADSLが主流でしたが、現在は光回線への移行が進み、光回線が主流となっています。
光回線を提供している業者は、NTTの他にKDDIやJCOM、電力会社などがあります。
その中でシェアトップとなっているのがNTTです。
NTTが提供している光回線サービスが、フレッツ光です。

NTTの前身は電電公社で、以前は電話回線を独占していました。
光回線は、電話回線のように一社独占という状態ではなく、初期の頃から複数の業者が参入しました。
最初はインターネットの光回線と言えばフレッツ光、という状態だったため、料金も高額でしたが、各社が参入するにつれ、競争が生まれ、料金は下がってきつつあります。

NTTの光回線は、以前はフレッツ光だけだったものの、2015年からソフトバンクなどの他の会社も利用できるようになり、ぷらら光などが誕生しました。
消費者は光回線を利用する際、回線会社とプロバイダを選択し、契約しますが、その選択肢が更に増えることとなりました。
競争が生まれることで各社ともサービスを工夫するようになっていますので、選び方によって、かなりの料金の違いが生まれます。
豊富な選択肢の中から、最適な回線とプロバイダを選ぶのがおすすめです。

光回線を提供する業者が複数あるとは言え、どの業者も日本全国くまなくどこにでも提供できるわけではありません。
光回線は、まだまだ新しいインフラです。
最も整備が進んでいるのが、NTTの回線と言えます。
地域によっては、フレッツ光以外は使えないというところも少なくありません。
フレッツ光が日本全国で使える状況までにはまだ至っていませんが、全都道府県を網羅しており、最も整備の進んだ回線であるのは事実です。
当然ながら、光回線のシェアはダントツトップで、3分の2を占めており、2位のKDDIを大きく引き離しています。

NTT以外の回線業者であるKDDIやJCOM、電力会社などの回線整備が進んでいけば、今後シェアを伸ばしていける可能性はありますが、回線整備には高額な費用がかかり、採算が合わなそうなら進めるわけにもいきません。
NTTが整備した回線を他の業者も使えるようになったというのは、消費者にとって利益のある、リーズナブルな状況でしょう。
各社からさまざまなプランが提供されるようになり、高速インターネットを使うに当たって、いろいろな選び方ができるようになってきています。