関連記事はこちら

光回線を提供している業者はたくさんありますが、一度契約するとしばらくは解約することなく利用し続けることになります。
そのため回線選びで慎重になり、口コミや体験談にしっかり目を通す人も少なくないでしょう。
回線にも様々なものがあります。
ADSLのように利用者の住んでいる地域や周囲の環境によって品質が変化するものでは、あまり口コミや体験談はあてになりません
しかし光回線では周囲のノイズによる影響が少なく、どのような地域でも比較的安定して利用することができるでしょう。
回線の選び方も重要ですが、どちらかというとプロバイダーの品質利用しているサービスがネット速度に影響を与えます。

光回線を選ぼう

回線の選び方のコツは、利用しているプロバイダー、携帯電話の契約、電気ガスのようなエネルギー関係の契約です。
こうしたサービスとセットで割引にできる業者も多いため、1つの会社のサービスを利用することでトータルで料金を安くすることができるのです。
ソフトバンクのように、乗り換えをすることによって一定期間キャッシュバックを受けられる会社もあります。

住居によってタイプが違う

また、光回線にも戸建て向けマンション向けの2タイプがあります。
マンション向けでは世帯数が多いと回線速度が極端に遅くなることがあります。
それは1つの線をたくさんの世帯で共用しているためで、特に動画などの容量の大きなファイルのやりとりがマンション内の各所で行われると、速度が低下してしまいます。
マンションでも大家さんの承諾があれば独自回線を引くことは可能ですが、その場合の工事費は自己負担となり、料金もマンションタイプと比較すると高くなってしまうでしょう。
独自回線は品質の高い通信ができるかわり、料金も割高なのです。
安く高速通信を行いたいのであれば、引っ越しなどで家が変わるときに世帯数の少ないマンションを選ぶのもおすすめです。

プロバイダーを選ぼう

回線を選ぶのと同時にプロバイダーもしっかりと検討しましょう。
インターネットに接続するためには必ずプロバイダーの契約が必要になるからで、安定性はプロバイダーに左右されると言っても過言ではありません。
いくら回線速度が速くても寸断されてばかりではイライラしてしまいます。
特にオンラインゲームを楽しむような人には大きな問題でしょう。
データの送信に関して制限をかけているところもあります。
最近では動画配信サービスなどを利用してアップロードを頻繁に行う人も多いので、制限のない業者を選ぶと良いでしょう。

光回線を知るにはNTTを知る

このように光回線は様々な会社が提供していますが、その回線自体はほぼすべてNTTのものです。
サービスを提供している会社はNTTから設備を借りて、自社のサービスと併せて展開しているのです。
さまざまな会社が自社でケーブルを引き始めたら大変なことになってしまうのは容易に想像がつくことでしょう。
光回線を知るためには、NTTのフレッツ光をよく理解しておく必要があります。

NTTのメリット

ほぼすべてNTTの回線を利用しているという点にはさまざまなメリットがあります。
別の会社に乗り換えをしたいと思ったとき、特に工事をすることなく簡単に切り替えを行うことができる点や、ほぼ全国展開しているという点です。
古いマンションでは新しく工事をしなくてはならないこともありますが、最近できた住宅の多くは最初から光回線に対応しているところも多く、契約をすればインターネット開通までの期間がとても短くなっています。

NTTとしては販売方法を切り替えたいと思っており、NTTが直接販売する方法よりも、他社にサービスを貸して販売してもらう方法を進めています。
光回線を提供している業者が増えてきたのは、こうした背景があるからです。
例えばソフトバンクのように携帯電話とセットにすることで割引になるサービスもあるため、普段利用しているさまざまなサービスとセットにして考えてみると良いでしょう。
どこの会社を利用したとしても、回線そのものはNTTのものを利用しているため、品質が大きく変わるようなことはありません。

おすすめの契約方法

インターネットを始めて利用する人の場合、回線の選び方で困ることも珍しくありません。
NTTの光回線の他社レンタルが開始されて以来、お得にできるサービスの組み合わせの自由度が増しました。
しかしその反面ある程度の理解がないと上手に選択することも難しくなりました。
回線選びで口コミや体験談があまりあてにならなくなってしまったのも、こうした選択肢が増えたことの影響によります。
必ずしも投稿者と同じ利用環境であるとは限らないからです。

おすすめなのは、利用している電力会社、ガス会社が提供しているものがないか、携帯電話とセットにできないか、それらがない場合はプロバイダーとセットのものがないか調べてから契約する方法です。
最終的にはプロバイダーと契約が必要になりますので、セットにすることでお得にできるからです。
あまり安すぎるサービスを選ぶのもよくありません。
品質を維持するためにはある程度のコストがかかるためで、不安定なプロバイダーで契約してもスムーズなインターネットを楽しむことができなくなるからです。